JP phone

+996 550 031 287

RU phone

+996 556 052 341

logo
backgroun image
               

関連ニュース

欧州対外行動局の担当者がキルギスでの制裁の影響を語る

4月初旬、欧州対外行動局の東ヨーロッパおよび中央アジアの担当者であるデヴィン氏がキルギスを訪問し、キルギス当局と協議を行いました。また同氏は、キルギスメディアの取材を受け、キルギスとEUの協調、そして制裁による影響について語りました。

以下、メディアの質問と答えの抜粋です。

-制裁はキルギスにどのような影響があるか。
制裁は第三国やロシア人そのものに向けられたものではない。ロシア政府に深く関係のある企業や個人に向けられている。また、制裁には抜け穴があり、制裁を逃れようとする試みがあることも理解している。特にロシアとの関係が深いユーラシア経済連合(EAEU)は大きな懸念である。

-ロシア市場を去ったヨーロッパの企業がキルギスに移転した場合、これは違反になるか。
キルギスに駐在員事務所を開設するといった場合は問題はない。ただし制裁下にある銀行はこの限りではない。
あるいは、航空機などは違反に含まれるケースがある。ロシアが他国の旅客機を不当に国有化する決定をしてしまった。こういった飛行機が第三国にある場合、違反と見なされる。

-キルギスに進出したヨーロッパの企業が、ロシアへ再輸出することは可能か。
ロシアとの貿易は禁止されていない。ガス分野など、制裁を受ける商品のリストが決まっている。「キルギスでこういうものが必要だ」と言って輸入したものをロシアへ再輸出した場合は、明確な制裁逃れとなる。取引相手もそれは知りえないだろう。

-フェイクニュースとNGOに関する法律について話したというが、キルギス政府に何を助言したのか。
市民社会と人権活動家の重要性について話した。また、NGOに追加的な要件を課す法案が採択されたことには遺憾の意を述べた。フェイクニュースに関しては、SNS上の投稿について、起訴や刑事罰の対象となるべきではないことを述べた。
過激派の活動についても話し合った。法案の採択については問題ないが、その内容はよく吟味する必要がある。

-貿易について。一般特恵関税制度(GSP、発展途上国に対する関税優遇措置)が導入されて久しいが、キルギス市場は好転せず、商品の輸出量が変わらない。なぜか。
うまく適用されていないのが実情だ。各国がどの程度GSPを利用しているのか常にモニタリングしているが、キルギスでは食品と皮製品が特に低い。製品に課せられた高い基準が原因であると考えられる。
キルギスにはEUの基準を満たすレベルの検査をできるところがなく、残念ながらEUでも検査されていない。基準を満たす検査所を作る計画があるが、すぐには稼働しないだろう。
キルギスから輸出される製品の多くは、原材料、貴金属、消費財であるが、これらはGSPの対象外である。

情報源:
https://24.kg/ekonomika/231565_kyirgyizstan_ies_lyuk_per_devin_ofeykah_antirossiyskih_sanktsiyah_iproektah/

ニュース

#POLITIC

2022年9月16日

キルギスとタジキスタンの国境で起こった紛争の停戦が合意される

#ECONOMIC

2022年3月4日

キルギス国立銀行、キルギスソムを維持するために市場介入を決定

#POLITIC

2022年8月12日

カザフスタンからアゼルバイジャン経由での石油パイプラインが計画される

#POLITIC

2022年9月2日

カザフスタンで早期の大統領選挙が提案される

#POLITIC

キルギスが世界の自由度ランキングで165ヵ国中81位にランクイン

アメリカとカナダの研究機関がまとめている世界自由度指数において、キルギスは165ヵ国中81位となりました。 この世界自由度指数は、個人的自由と経済的自由の合算によって算出されています。ポイントは10までの数で評価され、キ […]

#POLITIC

カザフスタンでの投票の結果が歴史のターニングポイントに

カザフスタン共和国の大統領トカエフ氏は、6月5日に行われた憲法改正に関する国民投票の結果が、カザフスタンの歴史のターニングポイントとなると語りました。 改正では、前大統領ナザルバエフ氏が目指した大統領に権限が集中する「超 […]

#ECONOMIC

キルギス、600メガワット級の火力発電所建設を計画

キルギス共和国のアキルベック・ジャパロフ首相の発表によると、新たに天然ガスで稼働する600メガワット級の火力発電所の建設が計画されていることが明らかになりました。これはロシア企業の支援を受けてのものです。 キルギスではす […]

#POLITIC

カザフスタンでのビザなし滞在の要件が厳しくなる

カザフスタンでは、ビザなし渡航に関する新しい規則が導入されました。 カザフスタンでは、日本を含む特定の国の住民に対し30日間のビザなし渡航が認められています(EAEU諸国の場合は90日間)。新しい規則ではビザなし滞在期間 […]