JP phone

+996 550 031 287

RU phone

+996 556 052 341

logo
backgroun image
               

関連ニュース

中央アジア諸国への送金が減少

世界銀行(IMF)は、2022年の国際送金の発展に関する予測を発表しました。予測の中では、ロシアを主な送金元とする中央アジア諸国への送金は大幅に減少する可能性が高いと報告されました。

IMFは、2021年に、ヨーロッパと中央アジアの国々への送金額が7.8%増加し、過去最高の740億ドルに達したと報告していました。この成長は、主にEUでの経済活動の発展ととエネルギー価格の回復によって促進されたと考えられています。

ウズベキスタンの送金は2021年にGDPの13%に達し、タジキスタンでは34%、キルギスでは33%にも上り、中央アジアの経済が出稼ぎ労働者からの送金に強く依存していることを示しています。2020年には、3か国からのロシアへの季節労働者の数は780万人に達しました。

しかしながら、2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻は、中央アジア諸国への送金に非常な悪影響を与えているとしています。IMFは、この地域への送金の短期的な予測は非常に不確実であると述べており、送金額の減少は、戦争の規模とロシアに対する制裁規模に依存するとしています。

なお全世界的には今年、低中所得国への送金は4.2%増加して6,300億ドルになると予想しています。ヨーロッパおよびCIS諸国で最大の送金先であるウクライナへの送金額は、今年は20%以上増加すると見られています。

また、侵攻の影響は国際送金のシステムそのものにも影響を与えると見られています。「国境を越えた決済システムは多極化して相互運用性が低下し、送金手数料の引き下げが進まない可能性がある」とIMFのラーサ氏は語っています。

ラーサ氏:「送金手数料が2パーセント削減されると、発展途上国からの出稼ぎ労働者は年間120億ドル、ウクライナの移民・難民は最大4億ドル節約できる可能性がある」

情報源:
https://centralasia.media/news:1781580

ニュース

#ECONOMIC

2022年7月8日

EUとウズベキスタンの協力関係が強化

#POLITIC

2021年8月2日

アカエフ元大統領、16年ぶりにキルギスへ

#POLITIC

2022年6月10日

中央アジアのプレイヤーは誰か。専門家の視点

#BUSINESS

2022年4月15日

キルギス、フランスの大手エネルギー企業とエネルギー開発について会談

#ECONOMIC

EAEUとラテンアメリカの間で新しい貿易用通貨が検討される

サンクトペテルブルク国際経済フォーラムにて、ロシアとラテンアメリカ諸国の経済連携について意見が交わされ、世界経済の変革の中で両者の経済的な結びつきを強める提言がなされました。ロシアとしては、西側諸国の制裁に対抗するため、 […]

#BUSINESS

キルギスとUAEが協力協定に調印

10月31日、キルギスのジャパロフ大統領がUAE(アラブ首長国連邦)の首都アブダビを訪問し、二国家間の協力に関する複数の覚書に署名しました。覚書では、両国がキルギスに1億円規模の合弁会社を設立することなどが盛り込まれてい […]

#ECONOMIC

キルギス-ロシア間の貿易売上高が前年比1.5倍に

在キルギスロシア大使のウドビチェンコ氏によれば、2021年のキルギス-ロシア間における貿易の売上高が、前年に比べて46%増加しました。 ロシア税関庁の発表によれば、昨年2021年の貿易売上高は25億ドルにも達し、またキル […]

#POLITIC

中央アジアのプレイヤーは誰か。専門家の視点

(この記事は元のニュース記事を独自に翻訳したものです) 2月24日にロシアが開始したウクライナ侵攻は、当初はその影響は当事国間のみに留まっていました。しかしながら現在その影響は、世界中に亘っています。専門家によると、ロシ […]