JP phone

+996 550 031 287

RU phone

+996 556 052 341

logo
backgroun image
               

関連ニュース

ロシアからCIS諸国への観光が増えるという予測

ロシア連邦航空局は、コロナウイルスの影響により制限されていたCIS諸国及びイランへの航空便の便数を増やすと発表しました。

現在、国際便の航空券の価格は以前に比べて高騰しており、これらの制限緩和によって便数が増え、価格が抑えられることが期待されています。

全ロシア旅客協会会長のゾートフ氏は以下のように述べています。

「これまでCIS諸国とイランには、コロナウイルスに関する規制として、国際便に一定の制限が設けられていた。これから、政府間協定、つまりフライト数や目的地、路線網全般に関して国家間で追加協定が発効される。これは各国の利害を相互に考慮した上で運営される。CIS諸国へは、価格を抑えて航路を開拓することが目的であり、旅客輸送の発達に伴い、コストは若干上昇するかもしれない。しかしながら多くの人気観光地への渡航が閉ざされる中、多くの市民にとって未踏のCIS諸国は、国内観光と共に急速に発展していくと考えられる」

情報源:
https://ru.sputnik.kg/20220313/rossiya-sng-turizm-razvitie-1062802491.html

ニュース

#ECONOMIC

2022年9月20日

中国ーキルギスーウズベクーアフガンの輸送ルートが開設

#BUSINESS

2023年8月29日

日本がキルギスに8万ドル相当の心エコー機を提供

#ECONOMIC

2022年3月4日

キルギス国立銀行、キルギスソムを維持するために市場介入を決定

#POLITIC

2022年9月16日

キルギスとタジキスタンの国境で起こった紛争の停戦が合意される

#ECONOMIC

トルコの起業家がキルギス訪問に意欲

在トルコキルギス共和国大使オムラリエフ氏が、トルコでの経済サミット「クルテペ」の「シルクロードとの貿易可能性」に関するセッションで、キルギスの投資可能性について語りました。 同氏はキルギスでビジネスを行うにあたっての新し […]

#POLITIC

国境紛争で停止していた学校の授業が再開

2022年1月27日に発生したタジキスタンとキルギス間における、バトケン地域にて発生した国境紛争の影響で停止していた学校が再開されました。 この国境紛争でキルギス側では2つの家屋と車が全焼し、10軒の家屋が被害を受けまし […]

#POLITIC

アカエフ元大統領、16年ぶりにキルギスへ

キルギス共和国の元大統領、アスカル・アカエフ氏が、2021年8月2日にキルギスに帰国しました。これは、キルギスにあるクムトール鉱山に関する汚職事件への追及を受けるためのものです。 アカエフ氏はキルギス共和国の初代大統領で […]

#ECONOMIC

キルギスへの観光客が増加

航空券の発券を行っているAviasales社によると、2022年夏のキルギスへの観光客は大幅に増加しました。去年の同時期と比較すると、外国人のキルギスへの航空券の予約数はおよそ2倍に達しました。 同社によると、観光に来て […]