JP phone

+996 550 031 287

RU phone

+996 556 052 341

logo

設立条件

キルギス共和国では、ОсООと呼ばれる日本の有限会社に似た会社形態があります。
有限会社は1人以上の自然人または法人によって設立できますが、すでに他の会社を保有する人(法人含む)が新たに1人(あるいは1社)だけで有限会社を設立することは出来ません。
有限会社の出資者は30人までです。30人を超えて設立する場合は、1年以内にその人数が認められる別の法人格(例えば株式会社など)へ変更する必要があります。出資者の人数を変更しなかった場合、該当の会社は法定手続きに基づき解散されます。

資本金について

有限会社は、資本金が1ソムでも設立できます。登記から1年以内の支払い猶予があります。
期限までに資本金が支払われなかった場合は、資本金を減額させるか、営業活動を停止する必要があります。
有限会社の出資者が既定の額を出資していない場合、支払いが済んでいない額は出資者の負債とみなされます。
なお、資本として認められるのは、現金、証券、動産・不動産、あるいは貨幣価値のあるものの所有権です。資本価値は出資者どうし、あるいは外部機関の評価によって決定されます。

最近の投稿

キルギスの税の種類

キルギス共和国には以下の税種が存在する 国税 ・利益税 ・所得税 ・付加価値税 ・物品税 ・鉱業税 ・営業税 地方税 ・地税 ・固定資産税 利益税について利益税は、以下の事業体に課される税種である。 ・キルギス共和国内の […]

法人印の取得

登記が完了すると、納税者番号(ИНН)が割り当てられます。この納税者番号の発行をもって法人印の取得が可能となります。印鑑の発注と製造は、専門の企業に依頼して行います。

設立条件

キルギス共和国では、株式会社は自然人および法人を発起人(株主)として設立できます。公開株式会社の場合、株主の人数に制限はありません。非公開株式会社の場合は、株主は50人まで認められます。50人を超えて設立する場合は、一年 […]